読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自省録

グラスゴー大学MBAの留学中の学習をまとめてます。記事整備中。 英語と日本語交じりの文章と誤字脱字は後ほど修正します。

経済学 ケインジアンVSマネタリスト、ニューケインジアン

Keynesian and Monetarist

Keynesian's theory is based on Keynes theory that says the mix of fiscal policy and monetary policy is effective to increase GDP. Especially, Keynes emphasized the importance of fiscal control in the market. As for fiscal policy, the policy creates demand by governmental expence. Public expence can create impact on the economy(mulitiplied effect). IS curve moves to the right and it simply leads to an increase of GDP (interest rate goes up). Once they have invested excessively, the interest rate rises in responce to the rise of bond's interest, which is called crowding out. By contrast, monetarist claims that if money supply is carried out, the economy grows autonomously. Once money has supplied, LM curve moves to the right. Then, GDP increases and interest rate goes down. The decline of interest rate cause an increase of investment. At the same time, low exchange rate stimulates export.

 Those are supposed to act under float exchange rate system. Therefore, fiscal policy offsets because increasing interest rate causes 2 effects. One is the way that high interest rate caused by issuing bonds and increasing demand for investment, causes decrease of investment. The other one is that high demand to domestic currency in order to invest in domestic market and make transaction. It increases currency price and it affects export performance.

New Keynesian tried to make sense the theory into the importance of arbitrary policy control. In that they explained involuntary unemployment and downward rigidity of wage happen because company does not simply decrease wage in order to hire employees with the rate of wage which can perform most effectively, it is different from Keynesian's theory that company decrease wage rate to threthold until it meets proper demand level.

Liquidity trap: When interest rate closes to zero, demand for investment will disappear and it will be demand for money game. So IS curve is vertical and equilibrium does not move. Because it is based on prodcution.

 財政政策は政府の財政出動により、公共事業で需要創出して生産を拡大させる考え方。ISカーブが右に動き生産量が向上する。同時に国債発行をして流通量が増えるため金利が上昇していく。金利が上がる市中金利が上がり、投資が落ち着いてしまう。変動相場制のため、ここで海外の資本流入が起こり、投資活動のため円買いが起こる。これで輸出需要を低下させる。また、大量の国債発行により国債価格低下と国債金利の上昇が市中金利の向上につながり、投資需要を減らすことをクラウディングアウトと呼ぶ。

 金融政策では貨幣供給が投資需要を刺激し、金利を下げることで生産量の拡大に繋がる。LM曲線は右に動き、生産量が増えることがわかる。同時に変動相場制では金利低下により相対的に海外の金利が上がるため、円売りが発生する。これが円安を誘導して輸出需要を刺激する。金利が低下しすぎると銀行が投資活動から利益を得られなくなるために事業投資ではなく投機的運用を始めるため、生産活動に興味を示さなくなる。この場合はIS曲線が垂直になるためいくら貨幣量が増えても生産が向上しない。これも流動性の罠という。

 現代不況の特徴としては低金利を伴う需要低下、相乗効果の無効化が発生している。そのため、金融政策は輸出需要の刺激あるいは財政政策の場合は財政出動分の需要効果に留まる。

 

ニューケインジアンケインジアン派の経済政策を恣意的に活用することへの重要性という面では踏襲している。主な違いは雇用需要と賃金は下方硬直性の関係にあるとしている。ケインジアンは雇用需要が減少したときは賃金を減らして需要の穴を埋めるので基本的には非自発的失業率(involuntary unemployment rate)は需要創造か賃金現象によって改善されるとした。ニューケインジアンは名目的な賃金値下げは価格下方硬直性(downward price rigidity) を示す。これは労働者は名目的な賃金には敏感であったり組合などの存在があるからである。