読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自省録

グラスゴー大学MBAの留学中の学習をまとめてます。記事整備中。 英語と日本語交じりの文章と誤字脱字は後ほど修正します。

経済学 寡占市場、完全競争、独占市場

寡占市場:複数社独占・・・プレーヤーの行動が他社の利潤に影響を与える。

価格下げる→他社も下げる。需要への影響は下げるほど低下

価格上げる→他社は据え置き。価格柔軟性が上昇して需要が下がるようになる。

完全競争:生産者多数、生産量同等→価格決定者なし。

全員がプライステイカー。D曲線は同じレベル。Price=Marginal cost

独占市場:一社独占・・・価格をコントロールできる。D曲線は生産量が増えるぶんだけ減る。

 短期的には参入者がいないので利益を独占する。利益最大化条件はMarginal cost = Marginal revenue (生産量が増えると最終的にコスト効率が悪くなり利益が消える。そのときが最もライフサイクルを通じて多くの利益を得た瞬間である)である。

 長期的には参入者が増えていくので完全競争に向っていく

 

Herfindahl-Hirschman Index 各々の市場占有率の二乗の総和が市場の供給圧力(競争の集中度合い)を示す。

A社25%^2、B社25%^2、C社25%^2、D社25%^2=625+625+625+625=2500

A社100%^2=10000

 

※利益=収入ー費用だが利益最大化=限界費用MC=限界収入MRは生産開始から費用効率が抑えきれず、利益が0になって時点までの利益を最大のものと見ている。

限界費用→生産量を一つ増やした場合の費用

限界収入→生産量を一つ増やした場合の収入

限界効用→生産量を一つ増やした場合の効果

限界効用逓減の法則→生産量を一つ増やすにつれて顧客はその効果実感を感じなくなる

経済学 シュムペーター理論 簡易版

General equilibrium: he made much of general equilibrium. By contrast to the idea that classical political economy see the equilibrium as optimal allocation, he thinks of it as stagnation in markets. The stagnation ends up with zero margin to the cost. →Innovation

 

Innovation is the main concept of Shumpeter. Innnovation includes 5 ways below.

1. New value creation

2. New production method

3. New selling process

4. Acquisition of new source

5. New form of organization

Innovation creates economic boom and it is the gap created by differentiation. The gap gradually goes to the equilibrium. Economic cycle is repetition of innovation.

経済学 ケインジアンVSマネタリスト、ニューケインジアン

Keynesian and Monetarist

Keynesian's theory is based on Keynes theory that says the mix of fiscal policy and monetary policy is effective to increase GDP. Especially, Keynes emphasized the importance of fiscal control in the market. As for fiscal policy, the policy creates demand by governmental expence. Public expence can create impact on the economy(mulitiplied effect). IS curve moves to the right and it simply leads to an increase of GDP (interest rate goes up). Once they have invested excessively, the interest rate rises in responce to the rise of bond's interest, which is called crowding out. By contrast, monetarist claims that if money supply is carried out, the economy grows autonomously. Once money has supplied, LM curve moves to the right. Then, GDP increases and interest rate goes down. The decline of interest rate cause an increase of investment. At the same time, low exchange rate stimulates export.

 Those are supposed to act under float exchange rate system. Therefore, fiscal policy offsets because increasing interest rate causes 2 effects. One is the way that high interest rate caused by issuing bonds and increasing demand for investment, causes decrease of investment. The other one is that high demand to domestic currency in order to invest in domestic market and make transaction. It increases currency price and it affects export performance.

New Keynesian tried to make sense the theory into the importance of arbitrary policy control. In that they explained involuntary unemployment and downward rigidity of wage happen because company does not simply decrease wage in order to hire employees with the rate of wage which can perform most effectively, it is different from Keynesian's theory that company decrease wage rate to threthold until it meets proper demand level.

Liquidity trap: When interest rate closes to zero, demand for investment will disappear and it will be demand for money game. So IS curve is vertical and equilibrium does not move. Because it is based on prodcution.

 財政政策は政府の財政出動により、公共事業で需要創出して生産を拡大させる考え方。ISカーブが右に動き生産量が向上する。同時に国債発行をして流通量が増えるため金利が上昇していく。金利が上がる市中金利が上がり、投資が落ち着いてしまう。変動相場制のため、ここで海外の資本流入が起こり、投資活動のため円買いが起こる。これで輸出需要を低下させる。また、大量の国債発行により国債価格低下と国債金利の上昇が市中金利の向上につながり、投資需要を減らすことをクラウディングアウトと呼ぶ。

 金融政策では貨幣供給が投資需要を刺激し、金利を下げることで生産量の拡大に繋がる。LM曲線は右に動き、生産量が増えることがわかる。同時に変動相場制では金利低下により相対的に海外の金利が上がるため、円売りが発生する。これが円安を誘導して輸出需要を刺激する。金利が低下しすぎると銀行が投資活動から利益を得られなくなるために事業投資ではなく投機的運用を始めるため、生産活動に興味を示さなくなる。この場合はIS曲線が垂直になるためいくら貨幣量が増えても生産が向上しない。これも流動性の罠という。

 現代不況の特徴としては低金利を伴う需要低下、相乗効果の無効化が発生している。そのため、金融政策は輸出需要の刺激あるいは財政政策の場合は財政出動分の需要効果に留まる。

 

ニューケインジアンケインジアン派の経済政策を恣意的に活用することへの重要性という面では踏襲している。主な違いは雇用需要と賃金は下方硬直性の関係にあるとしている。ケインジアンは雇用需要が減少したときは賃金を減らして需要の穴を埋めるので基本的には非自発的失業率(involuntary unemployment rate)は需要創造か賃金現象によって改善されるとした。ニューケインジアンは名目的な賃金値下げは価格下方硬直性(downward price rigidity) を示す。これは労働者は名目的な賃金には敏感であったり組合などの存在があるからである。

 

戦略 外部分析、内部分析、諸戦略ノート

戦略策定は基本的に外部分析から内部という方向で行う。内部ではOperational-level→Business-level→Corporate-level→Network-levelと展開される。それらの戦略はResource base(RBV)→Activity system(Value chain)→Prodcut offering(Value proposition)という製品の形成過程にそれぞれ影響を与える。

 

戦略論ではポーターを中心に外部分析から以下に会社のポジショニングを探すかという考え方から、外部環境の変化スピードが加速するにつれて戦略の優位性は会社内部の資源に帰属するという考え方に変わってきた。現在ではその内部資源をどのように適合させていくかというダイナミックケイパビリティの考え方まで進んでいるが、ここでは基本的な外部分析と内部分析のキャッチアップを行う。PestelからはVRIOまでは基本的戦略リソースの確認という部分に留めて、具体的な策定はAnsoff, BCG matrix, Business-level strategy, Blue ocean, Value chainがより具体的なフレームワークになる。

 

PESTEL analysis

Policy 政治的な要因、政権不安定性・政情不安はないか、税制、貿易

Economy 為替リスクなどの需要・調達コストの変化

Social 人口・文化・宗教など 

Technology イノベーションの変化スピードと影響

Environment 環境への影響、代替資源への転換など

Leagal 法律・規制

政治と法律が少し分け方があいまいだが、法律は既に決まっているもので政治は政情の変化がどのような影響を持つかといった不安定要素に着目している。業界に対する影響という軸で分析する。

 

5 Force 業界内の外部環境

Competitor 製品、資産、ケイパビリティ、市場環境

Substitute 別カテゴリからの代替品の脅威。自社製品との利便性の差は? 

New entrants 業界に参入可能か?特許、設備投資、規模

Supplier 調達コスト。代替可能なほど業界内のプレイヤーより数が多いか

Buyer 購入者の圧力。需要減の場合は値下げ圧力がかかるなど

 

内部のシステムと戦略は以下の通り

Value chain

メインシステム:Inbound→operation→outbound→marketing and sales→service

補助システム:Firm infrastracture(incluging finance)、HR、Technology、Procurement

以上二つがメインシステムでこれらを機能させるには組織内でのシステム・文化の調整が必要になる。

 

Activity Mapping 戦略上重要な価値に伴う行動をそれぞれつなげて可視化している。

f:id:marcusjapan:20170511203554p:plain

Value Proposition

VP Canvas参照

 

VRIO 内部資源で差別化を考える

Value 経済的利益を生み出すものか

Rarity 希少、あるいは独自性があるか

Inimitability 模倣は困難か

Organizational support 組織がケイパビリティを扱えるか

Business-level strategy 市場の範囲と製品のコスト・差別化重視の軸で策定する

Broad scope, Differentiation: Differentiation

Broad scope, Cost leadership: Penetration

Narrow scope, Differentiation: Focus-differentiation

Narrow scope, Cost leadership: Focus-cost leadership

コストリーダーシップ戦略、差別化戦略、集中戦略を組み合わせるか単独で実行する例)ユニクロは高品質、低価格で広いマーケットに浸透した。これはサプライチェーンを全て引き受け、余分なマージンをカットして品質を維持しつつコストを減らした為

 

Corporate-level

 

Ansoff matrix 製品と市場軸で打ち手を考える

New Product, New market: Diversification

New Product, Existing market: Product development

Existing Product, New market: Market development

Existing Product, Existing market: market penetration

 

BCG matrix

High growth rate, High market share: Star

High growth rate, Low market share: ?

Low growth market, High market share: cash cow

Low growth market, Low market share: dog

1、高成長・高シェアの場合はスターという位置づけで資源投入を積極的に投入。

2、高成長・低シェアの場合は今後の投資によって大きく位置づけが変わるリスクの高いセグメント。

3、低成長・高シェアは成熟期に入っている。価格戦略やコストカットを活用して市場浸透戦略を強化。

4、低成長・低シェアは負け犬。撤退を考慮すべき。

現在ではキャッシュフローを中心に分類することで利益バランスが正しく評価されない可能性や多事業とのシナジーから必ずしも負け犬を撤退させるべきではないとの考え方もある。

 

Blue ocean

Blue ocean strategy consists of 2 main activities: Cost cut, Differentiation.

Differentiation: Finding new market, Finding new value

Cost cut: Cutting cost to the threshold where the customer population is largest.

例)Cirque du Soleil

サーカス業界は子供向け市場、商品は演目に動物を仕様。Cirque du soleilは市場を大人向けに変更。演技構成にストーリー性を持たせ、演劇業界に参入。同時に演題別のコストを比べ、動物を使った演目を廃止してコストを下げた。以上の観点からブルーオーシャンは市場の融合(参入ではない)、コストカットの徹底によって収益性と価格戦略を行ったもの。これによって独自性(サーカスでも演劇でもないor両方)、収益性(コストカット)を行い、独自の競争力を実現している。

ステークホルダーマネジメント ノート

Stakeholder management

There are 4 types of stakeholders.

Economic: customers, buyer, supplier, banks, investors, distributors

Social Political: local government, government, NPO/NGO

Technological: standards agencies

Community: locals

 

Stakeholder Mapping is useful in understanding political priority. There are 2 dimensions: Interest and power.

High interest, High power: Key players

High interest, Low power: Keep informed

Low interest, High power: Keep satisfied

Low interest, Low power: Minimal effort

 

CSR is the concept that put organization including stakeholders and company together in realizing co-exstence and both interests. CSRを高めて利害関係者の評判を高めることがブランド価値の向上に繋がるという長期的な目線の重要性が増している。

Carroll's pyramid

1. Phylanthropic 戦略的重要性は低いが、公共的利益を無制限に追求しているか

2. Ethical 法律では規制されないが、公共的な利益を最低限遵守しているか

3. Legal 社会の一部として法制度を遵守しているかどうか

4. Econimic 源泉となる経済的価値があるかどうか、会社として利益を上げているか